Font Size Switch
Reset

BLOG ブログ

富山にて

2008年10月に上梓したこの本

は、講談社文庫にもなって、装い新たに発売されました。

その後も、じわじわと売れ続けていて
今も、この本をテーマにした講演のご依頼をいただくのです。
著者としては、うれしいことこの上ないのであります。

先日も、富山にまいりまして
「究極の食」をテーマとした講演をさせていただきました。

大垣→富山は、以外と便利で
特急しらさぎ号に乗ると、乗換なしの3時間ちょっとで着きます。

その日は、まだまだ寒いながらも、よく晴れて
伊吹山がきれいでした。

富山での講演を聴いてくださったのは
はじめてお会いする方々ばかりでしたが
とてもあたたかくお迎えていただきまして
仕込んでいたギャグにも、皆さんちゃんと反応してくださいました。

ほんとです。かなり、うけてました。

講演の内容は
・高騰する国民医療費と食事との相関関係
・日本人のここ数十年の食事内容の推移
・工業製品的加工食品がもたらすものとは
・食事は最も確実な自分への投資である
・オプティマルフードピラミッドについて
・ガンを防ぐ食事とは

といったもので、自論を展開してまいりました。

講演で呼んでいただく先々で、いろいろな方々とめぐりあいます。
その、めぐりあいから発展して、とても親密な関係になることもよくあります。

また、講演を聴いてくださった方が、そのことをどなたかにお伝えくださって
新たな講演のご依頼をいただくこともよくあります。

そういうの、ほんと、うれしいです。

「めぐりあいの天才」を自認し、名刺の肩書きにもそう書いている僕としては
これからも、いろいろな方とめぐりあっていきたいと
思っている次第でございますので
どうぞ、講演のご依頼を、お願いいたします。

帰り際、富山駅のホームで、やはり
特急しらさぎ号に乗ると、雨が降り出しました。

列車が走り出して、ハタと思ったのですが
3月14日には、北陸新幹線が開通して、富山を通ります。
この街も、また発展して、便利になるんでしょうね。

それは、うれしいことではありますが
今までの富山のよさは失わずにいてほしいな
と思いつつ、走り出した車窓から、富山という駅の表示を撮りました。

今回は、まったく余裕のない旅でしたが
富山の食材は、良質で豊富です。
特に、海の幸は、抜群のおいしさです。

そして富山の人は、奥ゆかしいのが特徴。
あまり感情を表に出さず、胸のうちに秘めるタイプの方が多いように思います。

新幹線の開通を機に、ますますいい街になっていくことを願っています。

 


ナチュラルエイジングを提唱するフードプロデューサー
KIYO(南 清貴)Official WebSite
http://kiyo-san.jp


キヨズマルシェ(オンラインショップ)

KIYO'Sマルシェ | 日本オーガニックレストラン協会