open/close
Font Size Switch
Reset

Natural Aging ナチュラルエイジング

ナチュラルエイジングとは?
KIYO(南 清貴)が提案するのは、ナチュラルエイジング というライフスタイルです。
誰もが自分らしく活き活きと歳を重ねるために大切な、3つのことがあります。

 

その1〜 賢明な食生活

バランスのとれた食生活とはどんなことを指すのでしょうか?
必須栄養素、植物栄養素を過不足なく摂ることができる「5色」の食材と、
「オイル」「海草」をバランスよく取り入れた食生活を心がけましょう。

その2〜 適度な運動

激しい有酸素運動ではなく、ゆったりと体を動かし、継続できることができる運動でしなやかな体を作りましょう。

その3〜 自分らしい生き方

賢明な食生活と適度な運動をするうちに 本来の気持ち良さ、あなたなりの"自分らしさ"のかたちが分かってきます。
自然とからだに、気持ちの良い状態がなじんでいきます。

 


 

その1〜 賢明な食生活 「ナチュラルエイジングプログラム」

必須栄養素、植物栄養素を過不足なく摂ることができる「5色」の食材と、「オイル」「海草」をバランスよく取り入れた食生活を心がけましょう。

穀類
すぐエネルギーになる主食類。キヨズキッチンでは精製度の低い穀類を推奨しています。だから、体の免疫力を高めるミネラルもたっぷりです。
三分づき米、黒米、丸麦、全粒粉、精製度の低い材料で作られた麺類など

豆類
良質のたんぱく質の宝庫。穀類といっしょに摂ることによって、からだの機能を高める必須アミノ酸の摂取バランスを理想的に保ちます。
ホールの豆(大豆、キドニービーンズ、黒豆、ひよこ豆、レンズマメなど)、納豆、豆腐、厚揚げ、豆乳、みそなど

根菜
土中のミネラルを豊富に含んだ根菜は、ミネラル量の少ない軟水を飲用する日本人にはどうしても必要な食材。植物繊維も豊富でお腹のためにもとてもいいのです。
にんじん、じゃがいも、さつまいも、里芋、ごぼう、れんこん、こんにゃくなど

葉菜果菜
豊富なビタミン、ミネラル類は、からだの調子を整えてくれます。元気な土と自然の力に育まれた安心・安全な旬のものは、栄養面でも優れています。
白菜、小松菜、モロヘイヤ、トマト、きゅうり、かぼちゃ、ピーマン、ブロッコリー、など

植物性タンパク質
9種類の必須アミノ酸や脂肪酸を含む、からだのために欠かすことのできない食材です。ただし、摂り過ぎると身体に負担がかかるので、食事全体の一割程度にするのが理想的です。
魚介類(サーモン、たこ、あさり、アンチョビ、かつおぶしなど)、肉(鶏、豚、牛など)卵、牛乳、チーズなど

海草
必須ミネラルを豊富に含み、健康なからだを維持するための微調整を行います。
ワカメ、昆布、ひじきなど

オイル
良質なオイルは、正常な細胞膜やホルモンをつくるはたらきがあります。必須脂肪酸、ビタミンEといった栄養素が含まれており、健康なからだづくりにとって大切なものです。身体に必要なオイルを選んで、オメガ3と6をバランス良く取り入れましょう。
オメガ3:亜麻仁油、しそ油、エゴマ油など
オメガ6:大豆油・コーン油・ひまわり油・菜種油・ごま油・紅花油など
オメガ9:オリーブオイル・椿油・アボカドオイルなど

 

その2〜 適度な運動 「ナチュラルエイジングエクササイズ」

極端に心拍数が上がるような有酸素運動には、からだの中に「活性酸素(フリーラジカル)」を生み出してしまう危険性があります。

それは、からだを老化させる原因のひとつともなってしまいます。
30歳を過ぎたら、筋肉に負荷をかける運動はあまりお勧めしません。
ゆったりとからだを動かし、続けることのできる運動がおすすめ。
例えばウォーキング、足踏み運動などです。
反動をつけないストレッチで、しなやかなからだをつくりましょう。

 

その3〜 自分らしい生き方 「ナチュラルエイジングウェイズ」

「自分は、本来どういう人間か?」それは、自分にしか分からないことです。
もしあなたが、気持ち良く生きているなら、自然に微笑むことができるでしょう。
赤ちゃんが、気持ちが良いと微笑むように......。
それは、決して自分勝手に生きるということではありません。
他人との距離感、気遣いもその範疇です。
「賢明な食生活」と「適度な運動」を実践するうちに、本来の気持ち良さ、あなただけの"自分らしさ"のかたちが分かってきます。
毎朝、鏡の中の自分に微笑んで挨拶をしましょう。
自然とからだに、気持ちの良い状態がなじんでいきます。