Font Size Switch
Reset

BLOG ブログ

脳と油と運転免許

わたくしがクルマを運転する機会は、以前に比べると
随分と減りました。

とはいっても、大垣くらいの田舎町に住んでいると
まったく、クルマを運転しない
という生活は、ちょっと、考えにくいんですね。

あまり行きたくはないけど、どうしても市役所まで行かなければならない
なんてことも、たまにはありますし
ゆうパックを受け取りそびれてしまうと
郵便局の本局まで、荷物を取りにいかないとダメ
てなことも、おきます。

で、今回、運転免許証の更新時期になりまして
一瞬、返上、ということも考えたのですが
やはり、思いとどまり、更新しました。

新しくなった免許証をごらんいただくと
おわかりいただけると思いますが
わたくし、こう見えても、優良運転者
なんでございますよ。

交通安全ということに関しては、何ら問題を起こしておりません。
少なくとも、この数年間は。。。

まぁ、そんなわけで、あまり運転する機会もないから
問題を起こす確率も低くなった
というだけのこと、とも言えるんですけどね。


最近は、あおり運転だとか、高齢者の運転ミスだとか
いろいろなことが、起こりますからね。
ほんとうに、気をつけなければ、と
運転する時は、何度も、自分に言い聞かせてから
クルマを走らせるようにしています。

あれは、カーナビが、勝手に言ってくれているんでしょうか、、、
今日も安全運転で行きましょう
とか
夕方には
お酒を飲んだら運転するのはやめましょう
とか
音声が流れてきます。

ありがたいことはありがたいのですが
慣れないうちは
オメエに言われたかねぇよ
なんでそんなことまでわかるんだよ気持ちわりぃなぁ
とか、言葉には出さないまでも
頭の中で、悪態をついていたものですが
この頃は
ありがとねー、安全運転で行くよぉ
とか
だいじょうぶのまないのまない
なんて言っている自分がいたりします。

結局、毎回、カーナビは言ってくるんだから
それも便利に使うしかないな
と、妙な、納得感を持ったりしています。


あおり運転なんかは、ずいぶん以前からありましたけど
最近は悪質さ加減が、ハンパないように思います。

高速道路上で自分もクルマを停め
相手にも停めさせたうえで、殴る
なんてのは、常軌を逸しているどころじゃない
キチガイ沙汰です。

一歩間違えば大惨事になりかねません。

高齢者の方の運転も、怖いですよね。
池袋であった事故なんかは、ほんとうに悲惨です。
亡くなった方もいらっしゃいますが
運転していた高齢者の方は、ツエをつかなければ
歩けない状態だったようです。
そんな人が運転していたら、そりゃ、事故が起こるのは
時間の問題ですよ。

わたくしは、何の障害もありませんが
それでも、返上、ということがアタマをよぎりました。

どういう判断基準を持ってすればいいのかは
現段階で、わたくし個人として、明確には申せませんが
どう考えても、ツエを使わなければ歩くこともできない状態の人が
いっぱし免許を持ち続ける、ということには
さすがに疑問を持たざるをえません。

もう一つ、現代社会が、全体として考えなければならないことがあります。

あおり運転にしても、高齢者の事故にしても
脳の機能に問題が生じている可能性がある
ということです。

これは、ひじょうに難しく、また、センシティブなことですが
悪質なあおり運転には、薬物が絡んでいる場合もあると
わたくしは睨んでいます。

また、高齢者の方の交通事故に関していえば
一過性の脳障害の疑いも、視野に入れるべきだと考えています。

たとえば、数か月前、滋賀県で起きた事故で
保育園児や、保育士の方も亡くなり
大惨事になった交通事故がありましたが
あの時、加害者の60代の女性は
事故が起こるまで何があったのかわからなかった
と供述しています。

つまり、意識がなかったということです。
でも、気を失った、というわけではありません。

これは、まさしく、認知症の初期の症状です。

認知症は、急に、重度になるわけではなく
少しずつ少しずつ、じわじわと、迫りくるものです。

この女性は、その途上にあったと考えるべきでしょう。

そして、これからは、こういう方の数が
うなぎのぼりに増えていくことが考えられます。

それをくい止める方策を、社会全体として考えていかなければならない
時代に突入したのです。

その方策は、一つではないとは思いますが
誰にでもできる、最も有効な方策があります。

それは、劣悪な油を食べない、ということなのです。

劣悪な油?
それはいったいどういうものだ?

という疑問にお答えしますと
まず、ファストフードに使われている油
市販されている揚げ物に使われる油
ファミレスなどで使われる油
マーガリン・ショートニング・一般的に売られているパンや
菓子パン、スナック菓子に使われている油
スーパーなどで販売されているサラダ油・天ぷら油
マヨネーズ、ドレッシングなど。

ひとことで言うなら
安い油
です。

これ、ぜったいに、食べないほうがいいです。

ぜったいに、ということが無理なら
極力、避けるべきです。

これらの油には、認知症を促進する成分が含まれています。

ちなみに、わたくしは、ぜったいに、食べませんし
家族や、親しい友人にも、ぜったいに口にするな
と、かたく言い聞かせています。

それくらい、危険度が高い。
と、思っていただきたい。

こういうことを書くと、必ず、低レベルな反論があり
科学的根拠がない
だの
エビデンスを示せ
だの
言ってくる輩がおります。

わたくしは、一切無視を決め込んでいますが
そういう連中が、自分が、勝手に、劣悪な油を食べることまで
止めることができません。

それは、その人の自由というものもあると思うので
余計な口出しはしたくありませんが
その人が、やがて、脳の機能に問題が生じて
事故を起こすのは、いやだな、とは思っています。

だから、言うのですが
気がついた人は、そのような劣悪な油を食べるのを
やめましょう。


そして、もう一つ、認知症の発症に関わっている物質があります。
それは、アミロイドベータと呼ばれている
脳内に存在する、老朽化したたんぱく質です。

これを排出するためには、ホスファチジルセリンという物質が有効なのですが
このホスファチジルセリンを含んでいる自然の食べものが
大豆なのです。

要するに、認知症になりたくないと思っている人は
わたくしに文句を言う前に
サラダ油などの劣悪な油を食べないようにして
大豆を適量食べるようにしてください。

多くの方々が、このことに気づき
食生活に取り入れることができれば
少しずつではあっても、確実に認知症になる人の数は
減っていきます。


わたくしが、次回の免許更新をするかどうかは
今、決められませんが、、、
少なくとも、その時に、認知症が心配なので返上する
というようなことには、ならないようにしようと
かたく心に誓っております。

誰ですか、、、カーナビに答えていることが
認知症の始まりだ
なんて言ってる人は!

 

 

 

 

 

ナチュラルエイジングを提唱するフードプロデューサー
KIYO(南 清貴)Official WebSite
http://kiyo-san.jp


キヨズマルシェ(オンラインショップ)

KIYO'Sマルシェ | 日本オーガニックレストラン協会

 

Tag: