Font Size Switch
Reset

BLOG ブログ

じつは“メンドクサくない”お豆

mame-01

よく「お豆をお料理するのはめんどくさい」という人がいるけど、なにがめんどくさいんだろう、っていつも思う。まとめてお豆をゆでておけば、いろいろなお料理に使えて便利この上ない。「お豆ゆで日」を作ってまとめて ただゆでればいいだけなのに。

今日は8種類のお豆をゆでて、その8種類全部使って「いろんなお豆のサラダ」を作った。たっぷり保存もできた。お豆のサラダの玉ねぎはあまり辛味がなかったので、みじん切りにしないでスライスで。パセリも加えて、オイルとビネガーであえて出来上がり。このサラダも保存ができる。

mame-02

やってみればわかることだけど、ぜんぜんめんどくさくなんかない。僕のクッキングセミナーに参加した人はみんな、それまで自分が勝手に誤解していたことを知る。やりもしないで「はじめからめんどくさい」と決め込んでいたことを。

もう一つ、それまでお豆を食べる習慣がなかったためにお豆を食べたいと思っていることを感得できずにいたことを。お豆を食べる習慣ができると自分がお豆を食べたいと感じている日があることがわかる。大事なことなのに、それを知らずに過ごすのはあまりにももったいない。お豆が与えてくれている恩恵は計り知れない。それがわかると、穀物と豆類を 2 : 1 で摂ることを食事の中心にすえることの意味もわかる。そうすると、オプティマルフードピラミッドのほんとうの意味がわかるようになる。

めんどくさくないので お豆をゆでてみましょう。ゆでながら「味見」といいつつお豆をつまみ食いしてみてください。少し硬めにゆであげるのがコツです。

 

 


ナチュラルエイジングを提唱するフードプロデューサー
KIYO(南 清貴)Official WebSite
http://kiyo-san.jp


キヨズマルシェ(オンラインショップ)

KIYO'Sマルシェ | 日本オーガニックレストラン協会 

 

 

 

Tag: